急性な腰痛は冷やし、慢性な腰痛は温める

日本セラピストスクール コラム
トップ>>コラム>>自宅でリンパマッサージをする時に覚えておきたいコツ

自宅でリンパマッサージをしてみよう

体が疲れていると感じても整体に行く時間がとれない、という方は自宅でリンパマッサージを行ってみませんか?

自宅で行うならお金も時間も少なく済みます。
リンパマッサージは疲れだけではなく美容にも効果があるので、ぜひ覚えてみて自宅でリフレッシュしてください。

リンパマッサージの基本

リンパマッサージのコツは自分の体調に合わせる事です。
あまりコリを感じない時は叩く、筋肉がコリ固まっていたらもみほぐすように行うのが良いです。

患部の痛みが強い部分はさする程度で大丈夫です。
指先だけはなく自重を活用するのがコツです。
体重がかかるように工夫をしましょう。

施術する部位に強い痛みや熱、腫れなどがある場合は行ってはいけません。
冷えた体に施術を行うとアザの原因にもなるので避けた方が良いでしょう。

自宅で行う場合には入浴後にリンパマッサージを行うのがコツです。血行が良い状態だと効果が高まります。

自宅で行うリンパマッサージのコツ

リンパの流れを改善し、様々な体調の異変を解決するリンパマッサージを自宅で行おうという方のためのコツです。

まず、リンパを流す前によく患部やその周辺を動かしましょう
手首や足首を回すだけでもリンパや血液の流れが良くなります。
その次に患部を軽く叩きましょう

老廃物・リンパが滞っている所は痛みを感じやすいため、リンパを流す時の目安になります。
関節部分は特にリンパが滞りやすい部分なのでしっかりと流すのがコツです。
関節から関節へとしっかりリンパを流しましょう。

中途半端に流れを止めてしまうと効果が減少してしまいます。

肩こり解消のコツ

現代人の多くが肩こりに悩まされています。
肩こりによって頭や目も痛む事もあります。

そんな肩こりを自宅で解消しましょう。
肩の筋肉をほぐすだけでは根本的な肩こりの解消になりません。
全身の血行を良くすることで改善に繋がります
前述のリンパマッサージも肩こり解消にオススメです。
あまり強い力は使ってはいけません。
気持ちいいと感じる程度に行うのがコツです。

自宅で肩こりの症状を弱めたい時はストレッチも有効です。

・両肩を上げて、3秒ほどその状態をキープしてください。その後肩を落としましょう。
・首を右に曲げて手で押さえてください。左も同様に行ってください。


ひどい肩こりを和らげたい時に自宅で簡単にできるこの2つのストレッチでも十分な効果が得られるので試してみてください。
学校の資料請求はこちら

基本コース

1日講習

総合コース

就職・開業をサポート

卒業後も安心のバックアップ体制

 整体スクールを卒業後に独立開業をお考えの方には、基礎から運営のノウハウ(サロン開設、集客、経営方法など)を責任指導致します。
 就職希望の方には多くの整体施設運営会社や提携接骨院、直営・提携のサロンなどを紹介いたします。

見学・無料体験随時受付中

 まずはスクールの入学案内をご請求ください。無料でお送りいたします。
 入学案内を見て分からないことや質問等がありましたら、お気軽に学校までお越しください。 いつでも授業の様子を見学していただけます。
 またご希望の方には、無料で施術体験をしていただくことができます。これから学ぶ施術がどのようなものなのか、ご自身で体験なさってください。
 なお体験をご希望の際は、前もってご連絡をいただけると助かります。

学校の資料請求はこちら

いつからでも始められます!

入学随時受付中です。ご都合の良いときにいつでも授業を受けられます。

ページトップへ ▲ |   トップ | 学校詳細 | コース紹介 | 各校所在地 | 資料請求 | よくあるご質問 | お問合わせ
  全国整体療法協同組合 | 日本セラピスト協会 | 就職先受付 | サイトマップ | リンク