つらいムチウチを素早く改善するためにできること

日本セラピストスクール コラム
トップ>>コラム>>つらいムチウチを素早く改善するためにできること

つらいムチウチを素早く改善するためにできること

自動車の事故やスポーツ事故などが原因で起こってしまうムチウチ。

ムチウチには首筋やその周辺の痛みだけではなく腕の痺れや頭痛、めまいなど様々な症状があり、 さらにムチウチによって後遺症が残ってしまう恐れもあります。

苦しい症状を少しでも早く治したい方のためにムチウチ対策・改善方法を紹介したいと
思います。

正しい改善方法でムチウチの辛さから抜け出しましょう。

ムチウチになってしまった場合の対処法


主な原因は自動車事故なので、車でぶつかってしまって首などに違和感を覚えたらムチウチを疑いましょう。

ムチウチだと思ったら頸椎を固定して被害が拡がるのを抑えるのが大切。患部付近を動かしてムチウチの症状を悪化させてはいけません。
痛みがひどい場合は湿布を活用するのも有効です。

ムチウチになってしまった時に迅速に正しい対応を行うことで、後の治療や改善の効果にも関係してきます。

首を動かさない

怪我をした場合は患部を動かさない事が改善に大切で、ムチウチなどは特にあてはまります。
ムチウチの初期は首への負担を極力減らそうと努めてください。

コルセットを付けると首を固定し、痛みを和らげることができますが、頼りすぎると首回りの筋肉が弱くなってしまうので2週間前後で外しましょう。

基本的には正しい姿勢を心がけましょう。
症状が治まってきたら患部付近の筋肉を軽く動かすと改善が早まります。

患部を冷やす・温める

炎症の熱で神経が損傷を受けてしまいがちなので患部を冷やしましょう。

冷湿布を使って患部を冷やしてください。
炎症が引いて、熱や腫れがなくなってからは温湿布に切り替えましょう。

患部の血行を良くすることで損傷した部位の修復を促し、改善が早まります。

首や肩周りのマッサージ


血行促進でムチウチの改善が早まるので、症状が弱まった時には患部付近の組織を動かすことが大切です。

しかし、無茶をすると悪化してしまう恐れがあるので医師や整体師などの専門家を頼ることも大切です。

また、ムチウチによる首・肩のコリには鍼灸を活用するのが良いでしょう。
症状が重い方や改善を早めたい方は利用しましょう。

専門家と相談して無理のない改善を!

ムチウチはいくら放置していても完治する期待は低いので、改善のためにできることはやっておきたいところです。
上記の方法は自分でもできることばかりなので改善のために継続して行いましょう。

ですが、自分の判断だけで行うと逆効果になってしまい、重篤な後遺症を引き起こす可能性もあるので専門家の指示を仰いで適切な対策を行ってください。
学校の資料請求はこちら

基本コース

1日講習

総合コース

就職・開業をサポート

卒業後も安心のバックアップ体制

 整体スクールを卒業後に独立開業をお考えの方には、基礎から運営のノウハウ(サロン開設、集客、経営方法など)を責任指導致します。
 就職希望の方には多くの整体施設運営会社や提携接骨院、直営・提携のサロンなどを紹介いたします。

見学・無料体験随時受付中

 まずはスクールの入学案内をご請求ください。無料でお送りいたします。
 入学案内を見て分からないことや質問等がありましたら、お気軽に学校までお越しください。 いつでも授業の様子を見学していただけます。
 またご希望の方には、無料で施術体験をしていただくことができます。これから学ぶ施術がどのようなものなのか、ご自身で体験なさってください。
 なお体験をご希望の際は、前もってご連絡をいただけると助かります。

学校の資料請求はこちら

いつからでも始められます!

入学随時受付中です。ご都合の良いときにいつでも授業を受けられます。

ページトップへ ▲ |   トップ | 学校詳細 | コース紹介 | 各校所在地 | 資料請求 | よくあるご質問 | お問合わせ
  全国整体療法協同組合 | 日本セラピスト協会 | 就職先受付 | サイトマップ | リンク