毎晩ぐっすり熟睡するための『不眠症』改善法

日本セラピストスクール コラム
トップ>>コラム>>毎晩ぐっすり熟睡するための『不眠症』改善法

毎晩ぐっすり熟睡するための『不眠症』改善法

近年、不眠に悩まされる方が多くなっています。
日本ではなんと5人に1人が不眠の症状に悩んでいるとされており、それにより日常生活に何かしらの
支障をきたしている人も少なくありません。
症状も原因も幅広い『不眠症』について、そのタイプと改善方法をみてみましょう。

不眠症の様々なタイプ


一口に「不眠症」と言っても、その症状も原因も多岐に渡るため、単純に薬を飲めば治るというものでは
ありません。
まず不眠症のタイプから見てみましょう。

■入眠障害
布団に入ってもなかなか寝付けない不眠症です。
不眠症の中でもこの症状に悩まされる方が最も多く、“早く寝なければ”という焦りにより、
更に寝付きが悪くなり重度の不眠症になってしまう場合もあります。

■中途覚醒
眠っても、一晩で何度も目が覚めてしまう不眠症です。
日常生活のリズムや生活習慣によりもたらされる事が多く、深い睡眠を得られなくなります。

■熟睡障害
睡眠時間は十分にとっているにも関わらず、朝身体がスッキリせず疲労がとれてない状態になります。
ぐっすりと熟睡出来ず、昼間に頻繁に睡魔に襲われる方は熟睡障害の可能性があります。

■早朝覚醒
朝早くに目がさめてしまい、その後再び眠る事が出来なくなります。
身体の疲れが残っているにも関わらずもう一度眠る事が出来ないという症状の方は早朝覚醒の可能性があります。

年を重ねると朝早く起きるようになるというのは、早朝覚醒ではなく睡眠パターンが変わっただけなので、これには当てはまりません。

このように、不眠症にも症状がたくさんあり、自分で不眠症だと自覚していない人も少なくありません。

不眠症の原因の多くは、自律神経の乱れ


不眠症を引き起こす主な原因は大きく次のように分けられます。

【環境的】布団や枕が変わる、暑さや騒音、明るさ、時差ボケなど
【身体的】アトピーによるかゆみ、呼吸器の疾患や消化器の疾患、痛みなど
【精神的】ストレスや悩み、眠らなければいけないという強迫観念など
【生活習慣】飲酒、煙草、カフェインの摂り過ぎ、運動不足など

この内、身体的な要因による不眠症以外に関わってくるのが『自律神経』です。
自律神経は心身を覚醒させ緊張状態にする役割のある交感神経と、心身をほぐしリラックスさせる役割のある副交感神経が入れ替わる事で成り立っています。

多くの不眠症の方は、ストレスや生活リズムの崩れにより自律神経のバランスが乱れてしまい、交感神経が優位に働き、リラックス状態になれていないのです。
そのため、夜眠れなかったり、何度も目が覚めたりする不眠症に繋がっています。

不眠症を改善するためには

不眠症を改善するためには、寝る前に脳を興奮させる行動は控え、極力リラックスさせましょう。
また、ぐっすり眠れる環境作りも大切です。
では、具体的な方法をいくつかあげてみます。

■コーヒーなど刺激になるものはNG
昔から“寝る前にコーヒーを飲むと眠れなくなる”と言われるように、コーヒーに多く含まれるカフェインは脳を覚醒させてしまいます。

カフェインには交感神経を刺激し活性化してしまう作用があるため、穏やかな睡眠を妨げてしまうのです。
寝る前1時間程はコーヒーやお茶などは飲まないよう気をつけましょう。

■適度な運動
身体が疲れを感じていると、脳も休息を求めるため、深く速やかに眠る事ができます。
昼間にウォーキングなど軽い有酸素運動をする事が不眠症改善には効果的です。

ただし、眠る直前に過度な運動をしてしまうと、神経を高ぶらせてしまい逆効果になります。
寝る前に運動する場合はストレッチをゆっくり行うなど、息があがらない程度のものにしましょう。

■整体で歪みを矯正
実は内臓や頭蓋骨、全身の筋肉は自律神経と深い関わりがあります。
身体が歪んでいると、筋肉の緊張状態がとれず、交感神経が過敏になっている場合があります。

また、頭蓋骨が歪んでいる場合も、脳が緊張状態になり副交感神経の働きが悪くなってしまいます。
こういった身体の歪みや頭蓋骨の歪みを整体で矯正する事により、自律神経が正常に働き不眠症が改善する場合があります。

■寝具選びに気をつける
不眠症を改善し、深い眠りを得るためには寝具を見直してみるのも大切です。
不眠症の方は、身体に対して枕が高すぎる場合が多く、首や肩周りの緊張がとれずリラックス出来ないばかりか、コリの原因になっている事もあります。

また、ベッドが柔らかく身体が沈みすぎていたり、逆にかたすぎたりしても寝付きが悪くなり、
不眠症の症状を助長してしまいます。
不眠症の方は、自分の身体にあった寝具選びにも気を使ってみましょう。
学校の資料請求はこちら

基本コース

1日講習

総合コース

就職・開業をサポート

卒業後も安心のバックアップ体制

 整体スクールを卒業後に独立開業をお考えの方には、基礎から運営のノウハウ(サロン開設、集客、経営方法など)を責任指導致します。
 就職希望の方には多くの整体施設運営会社や提携接骨院、直営・提携のサロンなどを紹介いたします。

見学・無料体験随時受付中

 まずはスクールの入学案内をご請求ください。無料でお送りいたします。
 入学案内を見て分からないことや質問等がありましたら、お気軽に学校までお越しください。 いつでも授業の様子を見学していただけます。
 またご希望の方には、無料で施術体験をしていただくことができます。これから学ぶ施術がどのようなものなのか、ご自身で体験なさってください。
 なお体験をご希望の際は、前もってご連絡をいただけると助かります。

学校の資料請求はこちら

いつからでも始められます!

入学随時受付中です。ご都合の良いときにいつでも授業を受けられます。

ページトップへ ▲ |   トップ | 学校詳細 | コース紹介 | 各校所在地 | 資料請求 | よくあるご質問 | お問合わせ
  全国整体療法協同組合 | 日本セラピスト協会 | 就職先受付 | サイトマップ | リンク