急性な腰痛は冷やし、慢性な腰痛は温める

日本セラピストスクール コラム
トップ>>コラム>>多くの日本人を悩ませる病! 『高血圧』の改善ポイント
このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの日本人を悩ませる病! 『高血圧』の改善ポイント


日本人の40〜74歳のうち、男性は約6割、女性は約4割が高血圧といわれています。

このように、高血圧は日本人にたいへん多い病気であり、高齢者の医療費のトップは高血圧と、それにより引き起こされている病気の治療費だとされています。

そんな高血圧ですが、高血圧の治療・改善の第一段階は生活習慣の見直し
そして第二段階で薬物療法が用いられます。
今回は毎日の生活習慣の中で、高血圧を改善していくための改善方法やポイントをご紹介します。

食事での改善ポイント


■食塩を減らし、味付けは薄く
毎日の食事の中で、食塩を摂り過ぎると、腎臓に負担がかかり、血液中にナトリウムがたまりやすくなります。
ナトリウムがたまると、水分を蓄えてナトリウム濃度を調整しようと身体が働くため、循環血流量が増加して、血圧が上がってしまいます。

加工食品には多くの塩分が含まれており、味付けも濃い目に作られているものが多くなります。
なるべく天然のだしを効かせて、塩を多く使わないで作るように心がけて下さい。
また、麺類のつゆは飲まないソースや醤油などの調味料は控える
こういったことでも食塩の量が減らせます。

■カロリーのとりすぎによる肥満に注意
肥満は血圧の上昇に影響します。
特に内臓肥満は高血圧との関係が深く、肥満の人が減量に成功しただけで血圧が下がったという事もあります。
穀類や菓子類などによる糖分、揚げ物・調理油などの油脂のとりすぎによるエネルギーの過剰摂取に気をつけて、バランス良く3食の食事を摂るのが大切です。

■アルコールを制限する
アルコールは血管を広げる働きがあり、飲酒後の数時間は血圧が下がります。
しかし飲み過ぎると、下がった血圧を再び上昇させる働きがあるので適量を守るようにしましょう。
また、アルコール飲料はカロリーが高いものも多いので、エネルギーの摂り過ぎにも繋がってしまいます。

生活習慣からの改善ポイント


■適度な運動を毎日こつこつと
適度な運動には心臓や肺の働きを向上させ、血液の循環を促進します
また、適度な運動を毎日コツコツ行うことで、高血圧の原因となる肥満を防ぐことも
期待できるので一石二鳥です。
しかし、運動中は血圧が上がるので、あまり無理をせず、医師と相談し、
軽い運動から取り入れていってください。

■禁煙に挑戦
喫煙されている方は、禁煙に挑戦しましょう。
煙草に含まれているニコチンは血圧を高くする作用があります。
また、過度の喫煙は様々な病気の引き金にもなりますので、高血圧の方は即座にやめるのをおすすめします。

■整体で筋肉をほぐす
整体と高血圧は一見あまり関係のないもののように思いますが、実は深い関係があります。
整体で骨盤の脊椎など身体の歪みを改善することで、血流や神経伝達が改善され、
筋肉の緊張がときほぐれます。
このように筋肉をゆるませほぐすことで、血管が広がり血圧が下がるとされています。
また、整体で行われる足首回しは血圧を下げる方法としてよく用いられ、
血液循環を良くすることで知られています。

■入浴でリラックス
ストレスは高血圧の大きな原因の一つです。
毎日の仕事で精神的ストレスを溜め込んでいる方は、ゆっくりと入浴しリラックスするのがおすすめです。
人は温かいお風呂につかることで、副交感神経が優位になりリラックスします。
これにより、血圧を上げてしまうストレスを上手に解消することができます。
入浴は軽い運動くらいの体力を消費し汗をかくので、入浴直後は血圧が一時的にはあがりますが、長期的にみれば血管を広げ血圧を下げる効果が期待できるのです。

高血圧には必ず血圧を上げている要因があります。
血圧を下げるための食事や生活習慣は、どれも手軽に取り入れられるものばかりです。
また、高血圧改善のためだけでなく、身体全体の健康維持のためにも効果的なものばかりなので、これを機に食事や生活習慣を見直してみましょう。
学校の資料請求はこちら

基本コース

1日講習

総合コース

就職・開業をサポート

卒業後も安心のバックアップ体制

 整体スクールを卒業後に独立開業をお考えの方には、基礎から運営のノウハウ(サロン開設、集客、経営方法など)を責任指導致します。
 就職希望の方には多くの整体施設運営会社や提携接骨院、直営・提携のサロンなどを紹介いたします。

見学・無料体験随時受付中

 まずはスクールの入学案内をご請求ください。無料でお送りいたします。
 入学案内を見て分からないことや質問等がありましたら、お気軽に学校までお越しください。 いつでも授業の様子を見学していただけます。
 またご希望の方には、無料で施術体験をしていただくことができます。これから学ぶ施術がどのようなものなのか、ご自身で体験なさってください。
 なお体験をご希望の際は、前もってご連絡をいただけると助かります。

学校の資料請求はこちら

いつからでも始められます!

入学随時受付中です。ご都合の良いときにいつでも授業を受けられます。

ページトップへ ▲ |   トップ | 学校詳細 | コース紹介 | 各校所在地 | 資料請求 | よくあるご質問 | お問合わせ
  全国整体療法協同組合 | 日本セラピスト協会 | 就職先受付 | サイトマップ | リンク