【首の痛み改善】には、まず普段の行動を見直そう!

日本セラピストスクール コラム
トップ>>コラム>>顎に痛みが走る『顎関節症』はセルフケアがポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

顎に痛みが走る『顎関節症』はセルフケアがポイント

食事をする時やあくびをした時など、顎に違和感や、痛みを感じた事がある人は、近年増えている
『顎関節症』
の可能性があります。

顎関節症は若い女性を中心に広まっており、患者数はここ十数年で15倍にも増加したと言われています。

自然に治る軽症のものから、仕事や日常生活にまで支障をきたしてしまうほど深刻な症状に進行してしまう場合もあります。

顎関節症の症状

顎関節症の主な症状には以下のようなものがあります。

■顎が痛む
顎の関節部分やその周辺のこめかみに痛みを感じ、顎関節症に気づく人がほとんどです。
口の開け閉め、食べ物を噛んだ時、あごを動かした時に痛みが走るのが特徴です。

■顎を動かすと音がする
顎を動かした時に耳に前辺りで「かくかく」と音がします。
人によっては「じゃりじゃり」や「みしみし」といった音の場合もあります。
音がするだけで痛みなどはない場合、顎関節症の予備軍と言えます。

■口を大きく開けられない
正常な人であれば縦に指3本分入る位口が開きます。
それ以上入らない人は、顎関節の異常で口が大きく開けられない場合があります。
また、それ以上開こうとすると痛みが走って開けられない場合も顎関節症のサインです。

■噛み合わせに違和感を覚える
顎関節症になると、顎の動きが変わってしまい噛み合わせが悪くなる事があります。
急に噛み合わせが悪くなり、違和感を覚えるようになったら顎の関節や筋肉に問題がある疑いがあります。

この他、顎周辺だけでなく、全身の色々な箇所に一緒に現れる症状は多岐にわたっています。
多いのが頭痛や肩こり、耳鳴りや目眩です。
顎の違和感とあわせてこういった症状もある場合は顎関節症である可能性が高くなります。

生活に潜む顎関節症の原因

顎関節症を引き起こしてしまう原因のほとんどは生活習慣やクセの中にあります。
現在最も大きな原因だと言われているのが、ブラキシズムと呼ばれている「くいしばり」
や「歯ぎしり」
など顎の筋肉を緊張させて負担をかける行為です。
くいしばりや歯ぎしりは、日中のストレスにより就寝中に無意識に行っている人も少なく
ありません。

また、食事する時左右どちらか一方でばかり噛むくせが付いている人、これも片側だけに多くの負担がかかってしまい発症の原因となります。
その他、頬杖をよくつく、猫背姿勢になっている、うつ伏せで寝るなど、普段何気なく行っている
行為が顎関節症の原因となっています。

顎関節症はどれか一つが大きな原因というわけではなく、こういった行為が積み重なって
顎の耐久限界を超えてしまった時に発症すると考えられています。

顎に痛みや違和感を覚えたら

「顎関節症かもしれない…」と思ったら、まずは自分で顎に負担をかけないよう心がけて生活する
事が大切です。
それでも症状が良くならない場合は、歯科で検査を受けてみましょう。

「顎なのに歯医者?」と思うかもしれませんが、顎関節症の疑いがある場合は歯科を受診するのが
一般的です。
触診や開口量の検査、レントゲン撮影などで顎部分の検査を行ってくれます。
その後、場合により専門医を紹介される事もあります。

痛みが強い場合は炎症を鎮めるために薬を処方される事もありますが、顎関節症の治療はあくまでセルフケアが中心となっています。
上記であげた顎に負担をかけている生活習慣の見直しを行わない限り、根本的な改善にはならない
からです。
その上でストレスを溜めないようリラックスする事を心がけ、全身運動で基礎体力を維持するのも
大切です。
また、整体で全身の歪みをなおし、筋肉の慢性的な緊張をほぐすことにより顎の痛みを引き起こしにくい体にする事も期待できます。

顎関節症は症状が深刻化してしまうと稀に長期的な治療や手術が必要になる場合もあります。
そうなる前に、自分で出来る事を実践してみましょう。
学校の資料請求はこちら

基本コース

1日講習

総合コース

就職・開業をサポート

卒業後も安心のバックアップ体制

 整体スクールを卒業後に独立開業をお考えの方には、基礎から運営のノウハウ(サロン開設、集客、経営方法など)を責任指導致します。
 就職希望の方には多くの整体施設運営会社や提携接骨院、直営・提携のサロンなどを紹介いたします。

見学・無料体験随時受付中

 まずはスクールの入学案内をご請求ください。無料でお送りいたします。
 入学案内を見て分からないことや質問等がありましたら、お気軽に学校までお越しください。 いつでも授業の様子を見学していただけます。
 またご希望の方には、無料で施術体験をしていただくことができます。これから学ぶ施術がどのようなものなのか、ご自身で体験なさってください。
 なお体験をご希望の際は、前もってご連絡をいただけると助かります。

学校の資料請求はこちら

いつからでも始められます!

入学随時受付中です。ご都合の良いときにいつでも授業を受けられます。

ページトップへ ▲ |   トップ | 学校詳細 | コース紹介 | 各校所在地 | 資料請求 | よくあるご質問 | お問合わせ
  全国整体療法協同組合 | 日本セラピスト協会 | 就職先受付 | サイトマップ | リンク