【首の痛み改善】には、まず普段の行動を見直そう!

日本セラピストスクール コラム
トップ>>コラム>>ママになる前から知っておきたい、産後骨盤矯正の大切さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ママになる前から知っておきたい、産後骨盤矯正の大切さ

出産は女性にとって大きな喜びですが、同時に身体にも大きな負担がかかるものです。
自然分娩か帝王切開に関わらず、妊娠と出産は女性の骨盤に大きな影響を与えます

女性の身体は、赤ちゃんが成長しお腹が大きくなるにつれて、段々と骨盤が開いていきます。
この開いてしまった骨盤、実は自然と元には戻らないのです。

産後の骨盤はどんな状態?


お腹に赤ちゃんがいる間に徐々に開いていく骨盤は、出産後は開ききっている状態になります。
この後時間をかけて徐々に緩んだ骨盤が硬くなっていきます。
その際、歪みの全くない状態で閉じることはほとんどなく、左右に歪みがでてしまいます

女性の身体は妊娠7週目頃から赤ちゃんを産むために「リラクシン」という関節を柔らかくする
ホルモン
を分泌します。

このホルモンは産後1ヶ月まで出続けますが、それを過ぎると急激に減り関節は硬い状態に戻ります。

このホルモンの影響で、産後無理な姿勢で赤ちゃんを抱っこしたり、授乳したりしていると、骨盤が歪んでいってしまいます。

そして歪んだまま関節が硬く固定されてしまうと、身体に様々な影響が出てしまいます。

骨盤は女性にとって大切なもの

骨盤は女性の健康を支える意味でとても重要な役割をしています。
骨盤の中には生殖器があり、骨盤のずれや歪みがあると、それらが圧迫されて生理不順や生理痛、便秘などの症状を引き起こしてしまう原因となります。

美容の面でみても、骨盤が歪んでいると内臓の位置が下がりがちになり下腹がぽっこりでているように見えてしまいます。

また、骨盤が横に張ったままになるとお尻が大きく見え、出産前は履けたスカートがはいらない…なんてこともあります。

産後歪んでしまった骨盤を矯正する事で、冷えやむくみ、肩こり、生理痛など様々な症状の予防・改善効果が期待出来ます。

また、骨盤矯正する事で、女性ホルモンのバランスが整い、新陳代謝も活発になり、贅肉のつきにくい体質になるとも言われています。

このように、産後歪んでしまった骨盤を矯正する事は女性にとってとても大切な事なのです。

骨盤矯正は産後1〜6ヶ月が最適

産後の骨盤矯正の最適期は産後1〜6ヶ月頃とされています。
それより前ですと、まだ骨盤が戻りやすい時期なのでまたすぐに歪んでしまう恐れがあります。
更に出産直後の身体には負担となってしまう場合もありオススメできません。

産後骨盤矯正の手段としては、骨盤ベルトやウォーキングなども紹介されていますが、一番一般的で安心なのが整体院での矯正です。

関節を緩めているホルモン、リラクシンの分泌が終盤に差し掛かっている産後1ヶ月くらいは、関節が動きやすくなっているため、軽い力で骨盤の位置を調整出来ます

この頃から、骨盤が閉じて硬くなるまで複数回にわけて整体で骨盤矯正を受けるようにすると、正しい位置に骨盤を戻す事が可能です。

出産以前から骨盤の歪みが気になっていたという方でも、この骨盤が柔らかくなる出産後の時期を上手に使えば、比較的楽に骨盤矯正を行えます。
産後1ヶ月は、一生のうちで身体の歪みをリセットする絶好のチャンスとも言えるのです。
学校の資料請求はこちら

基本コース

1日講習

総合コース

就職・開業をサポート

卒業後も安心のバックアップ体制

 整体スクールを卒業後に独立開業をお考えの方には、基礎から運営のノウハウ(サロン開設、集客、経営方法など)を責任指導致します。
 就職希望の方には多くの整体施設運営会社や提携接骨院、直営・提携のサロンなどを紹介いたします。

見学・無料体験随時受付中

 まずはスクールの入学案内をご請求ください。無料でお送りいたします。
 入学案内を見て分からないことや質問等がありましたら、お気軽に学校までお越しください。 いつでも授業の様子を見学していただけます。
 またご希望の方には、無料で施術体験をしていただくことができます。これから学ぶ施術がどのようなものなのか、ご自身で体験なさってください。
 なお体験をご希望の際は、前もってご連絡をいただけると助かります。

学校の資料請求はこちら

いつからでも始められます!

入学随時受付中です。ご都合の良いときにいつでも授業を受けられます。

ページトップへ ▲ |   トップ | 学校詳細 | コース紹介 | 各校所在地 | 資料請求 | よくあるご質問 | お問合わせ
  全国整体療法協同組合 | 日本セラピスト協会 | 就職先受付 | サイトマップ | リンク