食事と入浴で肩こりにアプローチ

日本セラピストスクール コラム
トップ>>コラム2>>食事と入浴で肩こりにアプローチ
このエントリーをはてなブックマークに追加

血行と疲労物質

肩が凝った状態では、肩の筋肉が疲労して硬くなり、血管が圧迫されるために血流も悪くなり、筋肉中の疲労物質が血液に排出できずに、ますます筋肉が硬くなってしまいます。
このことから、血液の流れと、筋肉中の疲労物質の2つが、肩こりと大きく関わっていることがお分かりかと思います。
患部を整体院などで揉みほぐして直接的にこりを解消することももちろん有効ですが、同時に少し間接的な方法で、血行と疲労物質に着目して肩こりを改善することはできないでしょうか。

入浴による血液の流れの改善

ご存じかと思いますが、血管は身体が暖まると広がります。
血管が広がれば、当然ですが血液の流れが良くなります。
血液の流れが改善されることによって、筋肉は疲労物質である乳酸などを流出して、酸素や疲労回復に必要な栄養素を取り込むことができます。
ですから、肩こりにお悩みの人は、例え夏場でも、忙しくても、シャワーで済ませないで、毎日しっかりと湯船につかって身体を温めることが有効です。
また、お風呂で温まっただけで安心してはいけません。血管が広がっているということは、身体から熱を放出しやすい状態だということです。
いつまでもバスタオル一枚でフラフラしていると、湯ざめを起こしてせっかく開いた血管がまた狭まってしまいます。
入浴後は素早く身体を拭いて、せっかく温めた身体が冷えない様に、しっかりとガウンや洋服を着て下さい。
温かい靴下を履くことも有効です。
また、本当に入浴する時間がない時や、湯ざめをしてしまった場合には、熱々にしたタオルを首と肩の周りに被せて、局部的に血管を開く方法もありますのでお試しください。
タオルを熱湯に浸けると、熱くて絞るのが大変ですので、濡れタオルを電子レンジで温めると手軽にホットタオルが作れます。
但し、薄いタオル1枚では直ぐに冷めてしまいますので、数枚使うか、バスタオルや厚手のタオルを利用してみて下さい。

肩こりに有効なビタミン

ビタミンB1、ビタミンE、葉酸。これら3種類のビタミンを摂取することで、肩こりの症状を軽減させることが期待できます。
では、それぞれの効果と、摂取するためにお勧めの食品をご紹介致します。

・ビタミンB1:筋肉が働くためにはエネルギーが必要ですので、筋肉はグリコーゲンを貯えていて、必要な時に消費して、また貯え直します。
ビタミンB1は、私達が摂取した糖分を、このグリコーゲンに変える手助けをします。
また、披露した筋肉を回復させる働きもあります。
ビタミンB1を多く含む食品は、豚肉、小麦胚芽、玄米、豆類、うなぎなどです。

・ビタミンE:ビタミンEは赤血球や血管の管の柔軟性を向上させる働きがあります。
また、末梢血管を広げる効果もあります。血流が良くなることが期待できます。
ビタミンEを多く含む食材は、なたね油、とおもろこし油などの油類と、すじこ、たらこ、めんたいこといった魚卵、うに、あんきも、赤ピーマン、アーモンドなどです。

・葉酸:肩の痛み原因は、傷められた末梢神経である場合があります。
そのような神経は、タンパク質合成によって修復されますが、その合成に葉酸が必要なのです。
葉酸は、レバー、うなぎ、うに、パセリやモロヘイヤなどの緑黄色野菜に多く含まれます。

肩こり解消への援護射撃として、入浴とビタミン摂取についてご紹介しました。もしもご自分の日常生活で欠けていたと思い当たることがあれば、ぜひ取り入れてみて下さい。

学校の資料請求はこちら

基本コース

1日講習

総合コース

就職・開業をサポート

卒業後も安心のバックアップ体制

 整体スクールを卒業後に独立開業をお考えの方には、基礎から運営のノウハウ(サロン開設、集客、経営方法など)を責任指導致します。
 就職希望の方には多くの整体施設運営会社や提携接骨院、直営・提携のサロンなどを紹介いたします。

見学・無料体験随時受付中

 まずはスクールの入学案内をご請求ください。無料でお送りいたします。
 入学案内を見て分からないことや質問等がありましたら、お気軽に学校までお越しください。 いつでも授業の様子を見学していただけます。
 またご希望の方には、無料で施術体験をしていただくことができます。これから学ぶ施術がどのようなものなのか、ご自身で体験なさってください。
 なお体験をご希望の際は、前もってご連絡をいただけると助かります。

学校の資料請求はこちら

いつからでも始められます!

入学随時受付中です。ご都合の良いときにいつでも授業を受けられます。

ページトップへ ▲ |   トップ | 学校詳細 | コース紹介 | 各校所在地 | 資料請求 | よくあるご質問 | お問合わせ
  全国整体療法協同組合 | 日本セラピスト協会 | 就職先受付 | サイトマップ | リンク