腰痛を引き起こす疾患と症状

日本セラピストスクール コラム
トップ>>コラム2>>腰痛を引き起こす疾患と症状
このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛を引き起こす疾患と症状

一口に腰痛と言っても、ただの疲労性のものから骨や内臓の異常・病気などさまざまな原因があります。筋肉疲労であれば整体やマッサージが効果的と言えますが、下記の原因で起こる腰痛の場合病院での検査・治療が不可欠です。
いつもと違う痛みや尋常ではない痛み、整体等で改善されない痛みの場合は早めに医療機関で検査をしてもらいましょう。

「ブドウ球菌や緑膿菌による感染性脊椎炎」

生活習慣病でもある糖尿病により、免疫力の低下が原因で感染を起こしやすくなっている高齢者が増加しています。化膿して脊椎に炎症を起こす場合と腰椎を含む脊椎が結核菌に感染する場合の2種類があります。化膿性の脊椎炎は炎症による白血球の増加と発熱があり、免疫力が落ちた高齢者に多くなっており、ブドウ球菌や大腸菌、緑膿菌による感染であって背中や腰に激痛と高温の発熱があるのが特徴となっています。抗生物質に耐性が形成されている患者に対しては第一選択薬としてテトラサイクリン辺りでしょう。いきなりメチシリンやバンコマイシンを使うことはないと思います。

「結核菌の感染による脊椎炎」

結核菌による脊椎炎(脊椎カリエス)の場合は、主に肺や尿路感染症からの結核菌なども原因の一つとなっています。脊椎や血管を持たない椎間板まで影響が及び、炎症に伴い化膿が広がることになります。 広範囲にわたる炎症のため微熱が続き、脊椎の炎症が原因背中や腰の痛みが長い期間にわたって続くのが特徴となっています。炎症の進行に伴い化膿が広がりますが痛みはありません。 X線検査では脊椎の周りの炎症により白い影を確認することができますが、正確な診断としてMRIやツベルクリン反応、細菌培養などによって結核菌の特定が行われます。 抗結核薬が使われることになり、脊椎のダメージが大きくなり痺れや麻痺が起きてきた場合は手術となる場合が多いようです。

「腰部椎間板ヘルニア」

椎体に挟まれた腰椎椎間板が圧迫されて、ゼラチン状の髄核が飛び出した時に神経根や末梢神経を圧迫することで、しびれを伴う腰や足の痛みにつながります。加齢と共に進行するとは限らず、年齢に関係なく負荷の大きさにより突発的に発症することもあるのが特徴です。5つの腰椎のうち、影響を受けた椎間板によって痛みや痺れが出る場所が違ってきます。腰痛、腰や脚の痛み、しびれなどがあり、脚だけに症状が出る場合もあります。発症には遺伝的要因があり、軟骨の成長を妨げることで椎間板が変形しやすいとなっています。初期治療としてはコルセットの装着や、胃腸障害のないノイロトロピンという消炎鎮痛剤などで痛みのコントロールが行われます。髄核を溶かす薬もあり、飛び出したヘルニアが神経に触れない程度になり、手術に相当する効果があると言われています。

「腰部脊柱管狭窄症」

主に老化に伴って現れることが多い症状となっています。腰部脊椎の脊柱管の周りの骨が狭くなり、神経束がそれに触れて痛みを感じるというものです。主な症状としては、足の神経に常に痛みを感じているため、痛みによる疲れで足がまったく動かなくなるというものです。少し休むと歩けるようになり、また足が動かなくなる「間欠性跛行」という特有の症状があります(重症の場合は5メートル間隔という例もあり、500メートル間隔の場合は生活に支障が出ないこともあります)。また、腰の痛みもありますが、特に負担の大きい足に影響するといわれています。

この病気の症状として間欠性跛行と排尿障害があるため、患者は積極的に手術を受けようとする傾向にありますが、手術時に骨や靭帯を削ることから腰痛が出てきます。歩行は可能になりますが、中腰で作業を行うことが不可能になってきます。手術を受けて社会復帰を果たそうとしたにも関わらず、腰痛の悪化により更に仕事や日常生活に支障が出るということにもなります。

「腎臓病」

腎臓の機能低下により、血圧の上昇を伴い排尿異常や尿路の異常が起きることがあります。尿毒症とともに腰痛を引き起こすこともあり、吐き気や食欲不振など、消化器系の症状を経て意識障害などの神経症状や肺水腫などの全身症状が出てきます。

学校の資料請求はこちら

基本コース

1日講習

総合コース

就職・開業をサポート

卒業後も安心のバックアップ体制

 整体スクールを卒業後に独立開業をお考えの方には、基礎から運営のノウハウ(サロン開設、集客、経営方法など)を責任指導致します。
 就職希望の方には多くの整体施設運営会社や提携接骨院、直営・提携のサロンなどを紹介いたします。

見学・無料体験随時受付中

 まずはスクールの入学案内をご請求ください。無料でお送りいたします。
 入学案内を見て分からないことや質問等がありましたら、お気軽に学校までお越しください。 いつでも授業の様子を見学していただけます。
 またご希望の方には、無料で施術体験をしていただくことができます。これから学ぶ施術がどのようなものなのか、ご自身で体験なさってください。
 なお体験をご希望の際は、前もってご連絡をいただけると助かります。

学校の資料請求はこちら

いつからでも始められます!

入学随時受付中です。ご都合の良いときにいつでも授業を受けられます。

ページトップへ ▲ |   トップ | 学校詳細 | コース紹介 | 各校所在地 | 資料請求 | よくあるご質問 | お問合わせ
  全国整体療法協同組合 | 日本セラピスト協会 | 就職先受付 | サイトマップ | リンク